TOKYO とれたてキッチン! in 練馬 TOKYO とれたてキッチン! in 練馬

練馬のあちこちで出会える
暮らしのそばで営まれている農業は
「都市農業」と呼ばれ、
近年、その役割が改めて見直されています。
おいしくって楽しい、だけに留まらない
都市農業の機能、みなさんはご存知でしょうか?

景観形成機能

潤いとゆとりのある、個性豊かな
まちなみをつくり出しています。

都市農地は緑の潤いや花の彩りのある、ゆったりとした風景を生み出します。また農家の屋敷やそれを囲む屋敷林が残されるなど、古くからの農地はまちの個性を今に伝え、地域らしい景観をつくり出すことにもつながります。

交流創出機能

人と人の出会いやつながりを
地域につくり出しています。

都市農地は農業体験の場となるとともに、ご近所や農家の方との交流を自然に生み出す場にもなります。加えて農家の方は、消防団など地域コミュニティを維持する自治活動への参加率が高い傾向にあります。

食育・教育機能

農業や食に関する学びの
機会をつくり出しています。

自然とのふれあいが少ない都市部において、農作業体験の場や地域の農産物の提供を通して農業や食について楽しみながら、身近に学ぶことのできる機会をつくり出します。

地産地消機能

おいしく食べて、
まちおこしにもつながります。

おいしくて栄養価も高い地域産の新鮮な農産物を、都市に供給します。それを地域のレストランで提供したり加工してブランド化したり、あるいはイベントで取り上げたりすることが、まちおこしにもつながります。

環境保全機能

緑・水・土のちからで、
まちの環境を整えています。

緑や水面がヒートアイランド現象を緩和したり、土壌が川や海の赤潮発生を防いだり、草木が鳥や昆虫などのすみかとなることで生物多様性を保全したりと、都市農地には環境を守る役割も期待されています。

防災機能

「もしも」の時、
あなたを助ける備えとなります。

都市農地は災害時に農産物や井戸水を提供できる他、避難場所や災害支援拠点となることが想定されています。加えて火災時の延焼を防ぐ緩衝帯となったり、豪雨の際には洪水を緩和する効果も期待されています。

練馬とれたてマップ

新鮮な農産物を気軽に買える直売所や無人販売所、育てるところから楽しめる農業体験農園などが、まちのあちこちにある練馬区。そんな練馬の「とれたて♡」スポットを、マップ上に落とし込んでみました。この他にも、載せきれなかったものがたくさん。おうちの近くでも、きっと見つかるのではないでしょうか。

※直売所には、収穫時期のみ開店しているものがあります。
※マップのピンの位置は、実際とは多少異なる場合がございます。

とれたてインフォメーション

マルシェ

公園や駅前など区内のさまざまな場所で、つくり手さんから農産物を“直接”買えるマルシェが開かれています。開催情報は、練馬区HPなどをチェック!

練馬区農の学校

とれたて野菜ができるまでの、農作業の流れを学ぶプログラム。農家を支える人材を育成しています。お子さまと一緒に参加できる体験コースもあります。